過払い金の計算方法

ここでは過払い金の算出方法について、例を挙げてご説明いたします。

1月31日に50万円を借入し、毎月末に7万円ずつ返済した場合、年率29.2%で返済をすると、9月30日で返済終了となります。

過払・過払い・過払金・過払い金・過払い金回収・過払金回収・過払い金返還請求・過払金返還請求・無料相談

しかし、法的には年利18%までしか利率をかけてはいけないことになっていますので、法定範囲内である18%の利率で計算しなおしてみます。

過払・過払い・過払金・過払い金・過払い金回収・過払金回収・過払い金返還請求・過払金返還請求・無料相談

このように、9月30日で返済が終了していたはずが、正しい利率で計算しなおすと、22,750円の払いすぎが生じていることがわかります。この22,750円過払い金となります。

過払い金の金額は、返済期間が長ければ長いほど、利息が高ければ高いほど、借入元金が高ければ高いほど大きくなる可能性があります。

また、過払い金を取り返すには時効があり、最後に取引をした日から10年以内でないと取り返すことが出来ません。

さらに近年、消費者金融に対して過払い金返還請求が急増するなか、過払い金の回収が困難になりつつある業者もあります。

「過払い金が発生していたにもかかわらず、回収しそこねてしまった!」ということにならないためにも、早めの対応をおすすめします。

横浜の弁護士ブログ 当事務所の引き直し計算について弁護士 勝俣豪が詳しくご説明しています。こちら詳しくはをご覧下さい。

横浜の弁護士ブログ 当事務所の業者別過払い金回収の現状について弁護士 勝俣豪が詳しくご説明しています。詳しくはこちらをご覧下さい。

ページの先頭へ