法定後見制度(補助・保佐・後見)

法定後見制度とは、精神上の障害(知的障害、精神障害、認知症など)により判断能力が十分でない方が、不利益を被らないように、家庭裁判所に申立てをして、その方を援助してくれる人を選んでもらう制度です。

こんな方にご利用いただけます
法定後見制度の種類
法定後見制度利用のながれ
相談料金・弁護士費用のご案内

こんな方にご利用いただけます

  • 介護サービスや不動産関係などの契約内容がよく理解できず、手続きが不安
  • 詐欺や悪徳商法にあわないか心配。また、被害にあってしまったときの対処を誰かに頼みたい

法定後見制度の種類

補助
判断能力が不十分な人を対象としています。
保佐
判断能力が著しく不十分な人を対象としています。
後見
ほとんど判断が出来ない人を対象としています。
財産管理契約・財産管理委託契約・任意後見制度・任意後見人・任意後見監督人・法定後見制度・成年後見制度・後見・保佐・補助・後見人保佐人・補助人・認知症・知的障害・精神障害 財産管理契約・財産管理委託契約・任意後見制度・任意後見人・任意後見監督人・法定後見制度・成年後見制度・後見・保佐・補助・後見人保佐人・補助人・認知症・知的障害・精神障害

法定後見制度利用のながれ

財産管理契約・財産管理委託契約・任意後見制度・任意後見人・任意後見監督人・法定後見制度・成年後見制度・後見・保佐・補助・後見人保佐人・補助人・認知症・知的障害・精神障害

相談料金・弁護士費用のご案内

相談料金
来所でのご相談 5,000円(消費税込)/30分
電話でのご相談 実施しておりません
法定後見制度利用の家庭裁判所への申し立て
手数料 150,000円~

※ 別途消費税がかかります。
※ 標準的な事案の場合です。詳細については弁護士から直接ご説明いたします。
※ 公証役場への申請、家庭裁判所への申し立てには別途費用がかかります。
切手、印紙代金:10,000円前後
鑑定費用:50,000円~100,000円
添付資料(診断書、戸籍謄本 等)取得費用:事案に応じ

ページの先頭へ