書面作成

書面作成代行・示談書・督促状・内容証明・公正証書

「トラブルのあった相手と示談書をかわしたい」「お金を貸している相手に請求書を送りたい」このような場合、一度弁護士にご相談下さい。取引実態に即した内容の書面をかわすことで、予期せぬ紛争を防ぐことが出来ます。

また、信頼性のある書面を作成しておくことで、万が一、相手とトラブルが起こってしまったとしても、その損害を最小限に抑えることができます。

「弁護士に依頼すると費用が高いのでは?」と思われるかもしれませんが、当事務所では、書面作成に関するさまざまなプランをご用意しておりますので、依頼者の方々のご希望に合った方法で書面を作成することが可能です。書面作成の専門家である弁護士が、法律に則した適切なアドバイスをいたします。

書面の一例
相談料金・弁護士費用のご案内

公正証書作成代行・書面作成代行・示談書・督促状・内容証明・公正証書

書面の一例

下記以外の書面作成についてもご相談に応じます。お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 示談書(交通事故、傷害事件 等)
  • 金銭消費貸借契約書・準消費貸借契約書・債務弁済契約書
  • 借用書
  • 請求書
  • 売買契約書
  • 離婚協議書
  • 養育費請求書
  • 遺産分割協議書
  • 自筆証書遺言案
  • 公正証書遺言案

相談料金・弁護士費用のご案内

※ 相談料金以外は全て別途消費税がかかります。

相談料金
来所でのご相談 5,000円(消費税込)/30分
電話でのご相談 実施しておりません
書面作成代行(弁護士が書類作成を代行)
手数料 30,000円~

※ 事案により異なります。詳細は弁護士より直接ご説明いたします。

交渉事件(弁護士が書面作成から相手との交渉までを受任)
着手金 200,000円~300,000円(事案に応じ加算)
報酬金 300,000円~400,000円 または
経済的利益(回収額 等)の10% のいずれか多い額
実 費 事案に応じ(内容証明郵便発送費用 等)

ページの先頭へ