Archive for the ‘プロ野球(ヤクルトスワローズ)’ Category

戻ってきたエース

火曜日, 8月 31st, 2021

ここ何年も野球はさっぱり見なくなりました。
勝ってるなと思ってテレビをつけると、あっという間に逆転されるというジンクスが、あまりにも執拗に続いたためです。ここまで続くと、野球のテレビをつけるということが、忌まわしい記憶と結びついて、避けるようになります(CSで目的のチャンネルを探すのが異様に困難なことも一因ですが)。
とはいえ、経過や結果は気になるので、ちょくちょくネットで様子をみています。



今年はスワローズは頑張っています。オフでフリーエジェント3人を必死に食い止めたり、田口を取ったりと普段よりは頑張ったのが効いたのでしょうか?
いや、何割かのファンは、ある特定の原因、ずっと待っていてようやく実現できたある原因に思い当っているはずです。



スワローズは、ここ何十年か、打撃コーチに恵まれてきました。伊勢さんや杉村さんが、日本人をうまく育て、外人をうまく適応させました。打者については、まず心配ないレベルどころか、おそらく他球団がうらやむレベルを維持できていたことが多いです。青木(通算打率歴代1位)、バレンティン(本塁打日本記録)、山田(唯一のトリプルスリー3回達成)、村上(様々な最年少記録塗り替え中)が同時期にプレーしていたというだけでも、びっくりです(これで弱いのが、さらにびっくりですが)。
ところが投手については、特にここのところの低迷期に目立ちますが、どうにもなっていないです。
あまりも投手がダメなのは、捕手のリードのせいの気もしましたが、捕手が変わっても、ほとんど光が見えません。
やはり、伊勢さんや杉村さんに匹敵する名投手コーチが必要なのは明らかです。



とはいえ、誰を連れてくればといっても、最近は少し枠を外しているとはいえ、コーチも基本はヤクルトOBになるだけにに、なかなか難しいところです。
ところが、実はすごいのがいるんです。元ヤクルトのエース尾花高夫です。
野村ヤクルトの前の低迷期のエースです。球速は遅いのですが、抜群のコントロールとテンポのよさで、ほどほど抑えていました。記憶だと、ツースリーピッチャーとか説明していた解説者がいました。しょっちゅうツースリー(今でいうスリーツー)になるのです。イメージとしては、ボールが3つになるまでは、ストライクゾーンから半分だけはずれたところに投げて、スリーボールになったら、半分だけ内側に入れる。というような芸当です。
尾花が本領を発揮するのは、引退後です。
ロッテ 6位5位5位→尾花就任→2位5位
ヤクルト 1位1位4位→尾花就任→1位4位
ダイエー(ソフトバンク) 6位4位3位→尾花就任→1位1位2位2位1位2位2位
巨人 3位3位5位→尾花就任→4位1位1位1位
たいてい防御率を劇的に改善して、チームを強豪に押し上げます。
ところが、このあと某球団の監督に就任して、結果を出せず、なんとなく目立たなくなってしまいました(実際には強い原巨人を支えていた)。



で、だんだん巨人でも一線をはずれている感があったので、一定割合のヤクルトファンとしては飼い殺しにせずに早くヤクルトに返してくれと思っていたはずです。



そして、ついに今年から復帰です。今は2軍で投手コーチです。さて、尾花コーチは健在か。うまくすれば、最近の中では最大の補強になるかも。と期待していました。
いや。びっくりです。昨年までぴりっとしなかった連中が、2軍から上がってくると見違えるようになってます。そして、劇的に防御率が改善し、これから首位攻防戦という、ここ何年かの低迷ぶりからしたら想像もつかない状況です。
まあ、最終的にシーズンがどうなるかはわかりませんが、私がテレビをつけたとたんに投手が滅多打ちになるようなことがなくなり、いずれは野球のテレビ観戦を楽しめる日が再び来ることを期待しています。





エースと4番

火曜日, 9月 17th, 2019

スワローズの館山と畠山が引退するとのことです。
ここ30年の歴史の中でのエースと4番の引退ともいえます。



館山はエースと呼ばれることはなかったと思います。せいぜい,石川との対比で「右のエース」という程度の扱いです。
私は松岡弘の全盛期は知りません。それを前提にしたうえで,館山はもっともエースと呼ばれるにふさわしい投手だったと思います。
尾花や石井一久もエースと呼ばれるにふさわしい投手だったと思います。ただ,3シーズンなり4シーズンにわたって,「今日は〇〇だからまず負けないだろう」という安心感があったピッチャーは館山だけです。
調子がよければ2塁を踏ませないし,ちょっと調子が悪くても投球術を駆使しながらその日に使える球種を見極めて0点に抑える。かなり調子が悪くても,勝ち越し点を許さないギリギリのところで踏ん張る。
目立ったタイトルは2009年の最多勝だけです。ただ,それ以外のシーズンも,安定した投球を続けていました。ただ,この時期,抑えが 林昌勇 で,館山同様右の横手投げでタイプが近かったせいか,館山先発時によく撃ち込まれた,ということもあっていまいち勝ち星が伸び切らなかったという面もあります。
2008年勝率一位,2010年完封数と無四球完投数一位,2011年完封数と完封数一位というあたりから,エースっぷりがわかります。
地味でしたが,いまのヤクルトの現状からすると,こういうエースが欲しいです。



畠山も地味です。バレンティンや山田と時期が重なっているだけに目立ちません。
過去のヤクルトに,外国人選手でしたら素晴らしい4番バッターは何人もいます。でも,日本人となると,(古田も1997年に4番を打って日本一になりましたが),やはり広沢か畠山か,ということになります。
広沢はリーグ連覇のときの4番です。畠山があらわれるまでは,ヤクルトの4番といえば広沢と思ってました。とはいえ,広沢は,(巨人に行ってしまったし)結構たよりない感じがつきまとっていました。
畠山も,頼りない雰囲気があります。ところが,畠山の活躍期間において,畠山の活躍とチームの状況がほぼ一致しています。
2010年高田監督途中退任後の快進撃のとき,その翌年の優勝目前までいったとき,中心にいたのは畠山でした。真中監督で優勝したときも4番は畠山です。
よいときの畠山の特徴は,殊勲打,つまり同点打,逆転打,勝越打が多いことです。点差が開いてどうでもよいところでは打たないが,ここ一番で打点を挙げます。
2011年はリーグ4位の28殊勲打,2012年はリーグ7位の20殊勲打,2015年はリーグ2位の30殊勲打です。
殊勲打が出る状況は,相手のピッチャーは,先発か,勝ちパターンの救援になりますので,好投手に強いということです。
名目上の成績はともあれ,4番にふさわしい選手でした。



そんなわけでエースと4番の引退となったヤクルトですが,現状を立て直すには,なかなか課題が多そうです。

2位

火曜日, 10月 9th, 2018
今年のスワローズは,よく頑張り最終的に2位になりました。
昨年の崩壊ぶりをみると,これ以上ない結果だと思います。
広島には,壊滅的に弱いので(広島との勝敗が逆転していれば,ヤクルトが広島の立場にいたはず)CSは期待しにくいですが,今年は十二分頑張ったと思います。

さて,スワローズはここのところ,監督が代わると強くなるということを繰り返しています。

若松(4位)→古田(3位)
古田(6位)→高田(5位)
あたりはたいしたことないのですが,
高田途中解任(13勝32敗)→小川代行(59勝36敗)
小川(6位)→真中(1位)
真中(6位)→小川(2位)
と,ここ3回程の交代は劇的な効果を生んでいます。

そうすると,誰であれ監督が交代することに意味があるのではないか等と,監督交代がチームを強くする理由を色々と考えて作り出したくなります。
さらに,企業経営においても,一定の交代は効果的なのではないか云々と応用したくなります。

でも,最近はこのようなことに騙されないように心がけています。
他チームをみれば,必ずしも監督交代が奏功するとは限らないことはわかります。仮にスワローズで監督交代によって強くなったのが偶然でないとしても,スワローズで監督交代に効果がみられた特殊要因を特定できなければ,あまり意味もありません。

人間が色々と主張する一家言の類,経営論であったり,人間論であったりは,このスワローズの監督交代のような状況から思いついたものが大半だろうと思います。
どうしても印象的な出来事から法則をつかみたくなり,その法則を応用したくなってしまう。
しかも野球での他チームの成績のように冷静に考えるべき材料がないので,余計に自分の編み出した理屈に自信を深めていってしまうのだろうと思います。

理屈っぽい私の頭の中は,人一倍,このような理屈の作り出しに精を出しているような気がします。
野球のことで屁理屈を編み出すのは遊びとして楽しいのですが,事務所運営上は自分の屁理屈に騙されないよう気を付けていきます。

来期にむけて

水曜日, 11月 29th, 2017
スワローズの再起に向けて,このオフは色々とやっています。

小川さんの監督復帰については,正直,「えっ」と思いました。
ただ,いきなり監督として宮本にチーム再建を期待するのは酷でしょうし,
少し前までの長期にわたるベイスターズの監督を考えると,有能そうな外部招聘がうまくいくとも限らず
と考えると,まあこんなもんかなと思います。

何と言っても,今回は久々にヤクルト未経験の外部コーチを2名も入れました。
その点では,危機意識がみえ,期待が持てます。

打撃は広島からの2人のコーチとして,
投手は,理想としては,(外部招聘ではないとはいえ),尾花の復帰だったと思います。
田畑コーチがどうでるのか未知数ですが,今までのヤクルトに強い刺激を期待したいです。

打撃面では若い選手の芽が出てきていると思うので,コーチ陣とうまくかみあえば,期待できると思います。
基本的には,強いチームの主力は20代ということでしょうから,前回優勝時のレギュラー陣を一掃する活躍を期待したいです。
ここ10年,畠山が4番にいれば強い。そうでなければ弱いという状況でした。
新たな時代はどうなるか楽しみです。

ただ,投手は・・・。今年はあまりテレビでもみていなかったのですが,いまいち芽を見つけることができていません。
ほとんど実績がない20代前半の選手の中から10勝クラスの投手を3人は育てる必要があると思うのですが。

とはいえ,猛練習からきっと何かが生まれると思うので,来期には期待したいと思います。

 

低迷

水曜日, 7月 12th, 2017
久しぶりにスワローズネタです。

どうにもならないくらい低迷しています。
が,実を言うと一昨年に一瞬優勝したので目がくらんでいますが,その前は2年連続最下位なので,長いこと低迷が続いているというのが正確なところだと思います。
その原因も個人的は明らかだと思っていて,2年連続最下位のあたりで,その原因に思い当たっていたのですが,思わず優勝したので自分の考えが誤っていたのだと思いました。
でも,一瞬の優勝があっただけで,やはり駄目なようです。

で,その原因は監督だとか,投手力だとかそういった問題ではなくて,スタッフ全体の人事政策だと思います。
低迷期開始あたりから,スワローズのコーチや監督はほぼすべて(完全にすべてかも)ヤクルト元選手です。
ヤクルトと無縁でも能力のあるコーチを連れてくる気は全く無いようです。
つまるところ完全に発想が内向きで,これはおそらくコーチ,スカウト,渉外担当,健康管理等のありとあらゆるスタッフがこのような考えをもとに職務に配転されているのだろうと思います。
低迷の表面的な原因の第一は,若い選手が全く育っていないことです。ここ何年かのドラフト1位で戦力になったといえるような選手は2010年の山田哲人以来いません。この年だってクジがあっていたらハンカチ王子が入団して戦力にならなかったと思いますので,その前だと2007年の由規ですので,それ以来10年にわたって戦力になっていないことになります(野手であればレギュラー,先発投手であればせめて1年でも10勝あたりを基準)。つまり,スカウトが全く機能していないのは明らかです。
そして,ドラフト2位以下の選手,特に高卒の選手を丁寧に育て上げる育成能力も全く機能していません。これも,山田中村以来2軍でじっくり育てて一人前になったような選手は出てきていません。概ね,1年目にパッと僅かに活躍仕掛けて,その後見なくなるという状況が何年も続いています。2軍コーチに育成能力がないことは明らかです。
次の原因は,怪我が多すぎること。この原因はよくわかりませんが,少なくとも内輪の論理を優先して,怪我を抜本的になくすためにやらなくてはならない,誰が嫌がる人事が行われていないのだろうと推測されます。

というところで,このあたりに大鉈を振るうようなことをしない限り,監督を高津や宮本や古田にしたところで変わらないだろうと思います。
むしろ,監督を外部から連れてきたほうが,何人かは外様のコーチもはいるだろうから,少しは期待がもてる気がします。

ヤクルトのぬるま湯な人事政策は,私は好ましいと思っています。野球選手とはいえ,ヤクルトに入団した選手は選手をやめてからもそれなりに考えてもらえているようなので,とてもよいと思います。でも,本当を言えば野村ヤクルト時代の選手のように,準レギュラークラスでもコーチとして他球団から引っ張りだこになるような状況こそが理想だろうと思います。
また,素質ある選手がまともな育成もなされず,なんとか育っても怪我をしやすい環境で野球をせざるを得ないというのはどうみてもよくありません。
元ヤクルト選手の生活保障という点では大事にしてほしいのですが,ある程度は野球の現場以外の仕事をしてもらって,野球の現場には波風を立てるが有能な外様をもっと多く入れてほしいと思います。

タレブ流野球論

日曜日, 3月 27th, 2016
以前から作ってみたかったシミュレーターをエクセルで作ってみました。

3分の1の確率でヒットを打つ好打者の打率は.333です。
でも,安定的に3回に1回ヒットを打つわけではなく,試合ごとに3打数3安打だったり,4打数無安打だったりします。4打数無安打だったりすると,今日は調子が悪かったとかいいますし,2試合続けてそういう状況だと不振の兆候とみられたりします。

でも,完全に偶然なサイコロだって,その程度のむらはあります。1から6の目が均一にでるのではなく,3ばかり続くこともあります。サイコロの調子がよかったり悪かったりするわけではなく,偶然のムラというのはそういうものです。

ということで,サイコロで1か2の目が出たらヒット,4から6の目がでたらアウトとして,大数の法則が働く程の超大量打席だと打率.333に収まる打者を想定します。そして,シーズン500打数程度にしたときに,ほぼ.333におさまるのか,かなりムラがでるのかは,サイコロをふって調べていけばわかります。

でも,サイコロ振ってメモをとるのも面倒なので,こういうことをシュミレートできる(当然,打率は.333以外も設定できる)簡単なプログラムを作ってみました。

シュミレート1
理論打率.300のバッターに500打数で10シーズンとりくんでもらうと
.250~.260 1シーズン
.260~.270 1シーズン
.280~.290 1シーズン
.300~.310 2シーズン
.300~.320 3シーズン
.330~.340  1シーズン
.350~.360  1シーズン
となりました(なお,もう一度プログラムを走らせると結果は変わります)。よい感じにムラができています。
つまり,500打席程度だと,完全に偶然のムラでも上記程度のばらつきが出るということです。
3割5分打ったバッターが翌年2割6分になれば,調子を落としただ,研究されて通用されなくなった,怪我の影響だとか色々と評論家もファンもいいますが,完全に偶然のムラでもこの程度の差はでるということです(ですから,ヤクルトの雄平の一昨年と昨年の成績の差も,ただの偶然の可能性が十分あります)。

仮にシーズンが1万打数あるとすると
シュミレート2
.290~.300 7シーズン
.300~.310 3シーズン
となり,理論上の打率3割周辺にまとまります。大数の法則により偶然のムラが大数の法則にしたがってなくなるということです。1万打席ある状況で打率3割5分から2割6分に落ちたら,偶然の影響ではなくてやはり調子を落としたなりなんなりの理由があるということです。

では昨年の首位打者,ヤクルトの川端が開幕から1ヶ月間,打率1割台に苦しんだとしたら偶然でしょうか,理由がありそうでしょうか?
理論打率.310の打者が80打数打つという想定で100回シュミレートすると
打率1割代になるのは2回だけでした。そうなると偶然というよりは,何か理由があるとみたほうがよいかもしれません。ただ,100回というのは,15シーズン分つまり現役生活分程度の数字ですが,現役生活中に2回くらいは偶然だけが理由でその程度の不振に苦しんでもおかしくないことになります。

では,打率4割の達成は本当に難しいのでしょうか?
通算打率でみるとトップでも.320です。でも通算打率は晩年の能力低下で多少下がりますので,ここで思い切って理論打率.330の打者に登場してもらいます。
毎シーズン500打数として1000シーズンがんばってもらいましたが,最高でも3割9分代が1回あるだけで,4割には一度も届きませんでした。やはり4割はかなり難しいようです。

というわけで,野球は数字が色々でて,それに基づいて色々と理屈を述べるのが楽しいですが,そのような理屈はデタラメのことも多くありそうです。打率が低いバッターを我慢して使っていると「監督に気に入られているから」なんて考えたくもなります。でも「打撃練習でふれているから」なんていう現場感覚に基づいた起用というのも合理性があるのかもしれません。

今年のスワローズは?

火曜日, 3月 22nd, 2016
プロ野球の開幕も近づいていきました。

昨年は,思わぬリーグ優勝でよい思いをできましたが,今年はどうでしょうか?
戦力を分析したところで,どうなるか分かるわけではありませんので,ジンクスに基づく分析をします。

昨年は色々と92年の優勝時との類似性を指摘されました。
そして92年も無敵を誇った西武に日本シリーズで敗れましたが,翌93年にその西武を破りました。
そうなると,今年,日本シリーズでソフトバンクに勝つには,93年と似たシーズンになってくれるのがよいということになります。

93年のスワローズといえば,①新人の伊藤智仁の大活躍,②ハウエルの大活躍(サヨナラ本塁打5本のシーズンダントツ記録達成),③高津臣吾の登場,④川崎憲次郎の復活と日本シリーズでの大活躍です。

というところで考えると,
①は原樹理がオープン戦でとてもよいので,いけそうです。
②は,バレンティンが元気でさえあれば,93年のハウエル並の何かをしてくれるかもしれません。
③日本人リリーフエースの確立・・・。秋吉も頑張ってますが,そこまで期待するのは,難しい気もします。誰かでてくるかなあ。
④これが一番の鍵です。由規か,村中か,が復活すれば。やはりソフトバンクに勝つには球威がある先発投手が必要です。

もっとも,現時点では,怪我人続出で,例年の駄目になるパターンが漂ってきていますが,何とか応援していきたいと思います。

ヤクルト優勝

月曜日, 10月 5th, 2015
最近,子どもの成長にともない,色々な物を処分し始めています。
あふれかえっている本棚も色々と整理しました。

そんな本棚の一角に古新聞がおいてあります。
片付けの際も,あえて,見ないふりをしてそのままにしています。
14年前のサンケイスポーツです。

まさか,あれからこんなにかかるとは思いませんでした。
ヤクルトスワローズリーグ優勝,万歳!

真中は44歳とのこと,私も先日44歳。
監督が同じ年齢なんて,前回のときからの歳月を感じます。

昨年あたりまでは,うまくかみあえばいけるかも,等と思っていたのですが,2年連続最下位でしたので,今年は既に暗黒時代モードで5位になればもうけものと思っていました。

勝因の一番は,真中監督でしょう。
二軍監督で優勝し,打撃コーチに就任すれば最強打線を作り上げと,その場その場で最高の実績を上げてきていますので,今回も真中監督の手腕が大きいことは間違いないと思います。
そして守備力の向上です。
 まずは内野守備。
 今季のゴールデングラブ予想
 との記事から,セカンド山田,サード川端の守備力が著しく向上しています。
 そしてショートは森岡→大引になることでやはり大幅に向上しています。
 さらにスポーツ新聞を買いあさっていたら,外野の失策数が昨年30→今年8と,大幅に減少したとのことです。
真中監督就任をきいたときに「これ以上打撃を重視してどうする。守備を固めてくれ」と思いましたが,しっかり守備力向上の方向に舵ををとったようです。
あとはバーネットの復活です。守備力が向上すれば中継ぎ陣が安定することは予測していましたが,バーネットの活躍は守備力向上の効果を上回るものです。
守備力の向上とバーネットの存在が,今年のリリーフ陣の活躍の裏付けになったものと思います。
そしてリリーフ陣が安定すれば,石川が通用します。一番大事な9月に,石川が勝ちまくったというのも,大きな勝因です。

そして,優勝とは別に,うれしいのは,川端の首位打者と畠山の打点王です。
レギュラー争いしているあたりから期待して応援して,徐々に成長してという中で,ついにタイトル取得は感慨深いです。

なんで?

木曜日, 7月 2nd, 2015
スワローズは、久しぶりに首位に立ちました。
一時は、もう駄目かと思っていましたが、粘っています。

今年のセリーグは、交流戦で負けまくって、貯金無しなのに首位という変な状況です。
でも、ヤクルトはこういうおかしい年に強いのです。
小川ヤクルトが優勝しかけたときは、統一球でボールが全く飛ばなくなって野球の質が変わった年。
前回優勝したときは、勝率ではなく勝利数で順位を決める方式のため、勝率が良いのに試合数が少ないチームが下位に表示されることになった(そのためヤクルトは隠れ一位という状況だった)年でした。
その意味では、期待がもてます。

それはそれとして、びっくりなのは畠山がオールスターに選ばれなかったことです。
現在ホームランと打点のセリーグ二冠王。
山田が追いついてきたとはいえ、結構差をつけての堂々の二冠王です。
どうみても、セリーグオールスターの四番を打つべき選手です。

畠山は「もう二度とオールスターには出ない」というくらい、ふて腐れてもしょうがないでしょう。
この成績で選ばれないなんて考えもしなかったと思います。

でも、何で選ばれなかったのでしょうか?
穏当な見方としては、ヤクルトの野手が他に川端、山田、雄平、中村と4人も選ばれているので、チームバランス上泣く泣く、ということでしょうか?
でも、もっとうがった見方もしたくなります。
雄平は、成績が伴っていませんが、選手間投票で選出されました。
雄平は畠山に気まずいし、畠山も面白くない。
意外にも強いヤクルトの主力2名、ファーストとライトの間に隙間風を吹かせて・・・。

なんとも不思議なオールスターの人選でした。
畠山は三冠王でもとって、見返してください。



なぜか投手王国

木曜日, 4月 9th, 2015
プロ野球が開幕しています。
スワローズには不思議な現象がおきています。

昨年はとにかく打線は強いが,投手がからっきしというチームでしたが,今年はここまでダントツの投手力を誇っています。
なんと,開幕から11試合連続で3失点以下というのは,セリーグ記録だそうです。補強したとはいえ,このような変貌は想像ができませんでした。

今後はそれなりに打たれるとは思うのですが,たまたまだけでは,セリーグ記録は作れない。少なくとも昨年時点では11試合連続5失点以上等の記録を作ることはあっても,その逆は考えられない状況でしたので,何かが変ったと期待したくなります。

一番の要因候補は,ショートの大引の加入だと思います。やはりショートがしまるとこれだけ,投手力がかわるのかと思います。ショートがよくなる→サード川端とセカンド山田の負担が軽くなり,それぞれの守備が安定する。内野守備全体が安定する。二線級のピッチャーがぎりぎり失点せずにとどまれるようになり中継ぎが安定する。先発が6回持てば十分ということになり,まあまあレベルでも先発の役割をこなせるようになる。という好循環が生まれたのかなあと思います。

その他,成瀬や新外人の加入等の補強は,他の投手まで安定している説明にはなりませんし,杉浦や石山の成長も同様です。一斉に皆がよくなった理由として,他に考えられるのは,投手コーチの力量ですが,高津コーチが昨年に比べて何か新しくやってようにはみえません。あとは,真中マジックでしょうか?二軍監督をやれば優勝させ,一軍打撃コーチをやれば最強打線を築き上げ,指導者としての何かをもっているかもしれない真中監督が,今回も何かをしたのかもしれません。

ここ数年は途中まで勝っていても,5点くらい差をつけていないと結局負けてしまうことが多く,不愉快きわまりなかったのですが,今年はそういうことは減ってくれるとよいです。