建物明渡し請求

土地建物明渡し請求,土地建物明け渡し請求,立ち退き請求,滞納家賃,家賃滞納,強制執行・弁護士藤澤玲央・神奈川県弁護士会所属

「居住者に、滞納している家賃を支払ってもらいたい」

生活の基盤である家賃さえ滞納してしまうような人に「滞納した家賃をいついつまでに支払ってください。」と言っても、きちんと支払いをしてもらうのは困難であることが多いのが実情です。滞納家賃の損害を拡大させないため、早急に手を打つことをおすすめします。

マイタウン法律事務所では、そのようなお悩みを抱える大家さんにむけて、家賃滞納・建物明渡し相談を実施中です。家賃滞納・建物明渡しに詳しい弁護士が、直接お答えします。

建物明渡し請求流れ
ご相談例
相談料金・弁護士費用のご案内

ご相談例

  • 家賃の支払いが数ヶ月滞っているが、いくら催促をしても返事がない。
  • 払う払うと言いながら、滞納が続いているので、出て行ってもらいたい。
  • 滞納している家賃の支払いを求めると、居住者が開き直って脅してくる。どうしたらいいのか分からない。

相談料金・弁護士費用のご案内

※ 相談料金以外は全て別途消費税がかかります。

相談料金
来所でのご相談 5,000円(消費税込)/30分
電話でのご相談 実施しておりません

※ 貸主側からのご相談に限ります。

交渉事件
着手金 200,000円~300,000円(事案に応じ加算)
報酬金 300,000円~400,000円 または
経済的利益(回収額 等)の10% のいずれか多い額
実 費 事案に応じ(内容証明郵便発送費用 等)
調停事件
着手金 300,000円~400,000円(事案に応じ加算)
報酬金 400,000円~500,000円 または
経済的利益(回収額 等)の10% のいずれか多い額
実 費 事案に応じ(印紙代,郵券代 等)
訴訟事件
着手金 400,000円~500,000円(事案に応じ加算)
報酬金 500,000円~600,000円 または
経済的利益(回収額 等)の10% のいずれか多い額
実 費 事案に応じ(印紙代,郵券代 等)

ページの先頭へ